The Disappearing Katakana “ヴ” /「ヴ」のなくなる日

和文は英文の下にあります。/ The Japanese translation is at the bottom of this page.

Photo 1 The Ministry of Foreign Affairs will stop using ヴィfor “Verde” from April 1, 2019 / 2019年4月1日、外務省は「ヴェルデ」の「ヴェ」を「べ」に改訂します

The Disappearing Katakana “ヴ”

Contents
  1. What is “ヴ”?
  2. Ways to show the “v” sound (1)
  3. Ways to show the “v” sound (2)
  4. Ways to show the “v” sound (3)
  5. MoFA between “v” and “b”
  6. How the Japanese pronounce ヴ

****************************************

From tomorrow, April 1, 2019, all the “ヴ” katakana to show the “v” sound in foreign country names disappear from official documents of the Ministry of Foreign Affairs (MoFA). You may have seen the katakana ウ (“u”), but did you know ヴ (“v”)?

1. What is “ヴ”?

ヴ is a character “invented” in the second half of the 19th Century, to express “vu” or “v” sound in some words in Western languages. At that time, the Japanese people had just “discovered” Western culture. It was a huge amount of information, and much of it had not been available to them through the meager communication with Holland allowed by the Tokugawa Shogunate. 

As the Japanese tried to learn everything from medicine to political philosophy to natural science to literature to art from the West, they found that Western names of people, place and things, contained a lot of “v” sounds. Since the “v” sound didn’t exist in the Japanese spoken in the 19th Century, someone began to use a “new” character ヴ to express it by adding two little dots or short lines on the top right of ウ.

2. Ways to show the “v” sound in katakana (1)

You find ヴ is in words “imported” from English, French, Italian and German:

  • ヴァイオリン (vaiorin or violin)
  • ヴォルテール (Voruteeru or Voltaire)
  • ルイ・ヴィトン (Rui Viton or Louis Vuitton)
  • ヴィヴァルディ (Vivarudi or Vivaldi)
  • シュヴァルツヴァルト (Shuvarutsuvaruto or Schwartswald)

3. Ways to show the “v” sound in katakana (2)

However, when a foreign word came into Japanese, it is likely that it was totally new to people at that time. We can imagine how difficult it was for people to embrace, in addition, an unknown sound like “v” contained in them.

So it feels natural that a lot of words with “va”, “vi”, “v”, “ve” and “vo” were transcribed as “ba (バ)”, “bi (ビ)”, “bu (ブ)”, “be (べ)”, “bo (ボ)” as the closest replacements. These have stayed in Japanese. See the following examples of which the original “v” was changed to “b”. As a result, some words have two spellings, but no matter.

  • バイオリン (vaiorin or violin)
  • バレンタインデー (barentain dee for Valentine’s Day)
  • ビニール (biniiru or vinyl)
  • エレベーター(erebeetaa or elevator)
  • べネチア (Venetsia or Venice)
  • アボカド (abokado or avocado)
  • ボランティア(borantia for volunteer)
  • ボルテール (Voruteeru or Voltaire)

4. Ways to show the “v” sound with katakana (3)

By the way, some German words have traditional spellings with “v” written with ウ (“u”) in ウィーン (Uiin or Vienna) and ”va” with ワ (“wa”) as in ワイマール (Waimaaru or Weimar) or ワクチン (wakuchin, vaccination).

Also, words in Russian and their related languages are treated a little differently. “V” is sometimes spelled with ウ (“u”) as in ウラジオストック (Urajiosutokku or Vladivostok) and in certain circumstances with フ (“hu”, “fu”) as seen in キエフ (Kiehu or Kiev). “Va” is traditioanlly spelled with ワ (“wa”) as in モスクワ (Mosukuwa for Moskva or Moscow) while “vo” written as ボ (“bo”) as in ボルガ (Boruga, Volga River) and as オ (“o”) as in ウラジオストック.

In adopting these new words in Japanese, people who were knowledgeable in these languages made a lot of efforts to express the actual pronunciation with kana as much as possible. We appreciate it, but there was no one who successfully established a set of consistent rules in it.

5. MoFA between “v” and “b”

In the 20th Century, the MoFA also tried to spell foreign place/people names as closely to the original sound, or sometimes English sound, as possible. As a part of that effort, they used ヴ in many country names like ヴィエトナム (Vi-e-to-na-mu for Vietnam). 

However, none of them with ヴ, including “Vietonamu”, seemed to stay in our everyday life. First, it looked unusual. Second, it was difficult to pronounce and slowed the speed of our speech. So it was always ベトナム(Betonamu) and so on for us.

They knew it as they checked popular Japanese dictionaries and other reference materials. In many, the ヴ was not really used. The pros of the change to the “b” sound is that it’s easier for the Japanese to pronounce and that it saves space when written (compare バンクーバー with ヴァンクーヴァー, Vancouver).

So they replaced ヴァ (va), ヴィ (vi), ヴ (v), ヴェ (ve) and ヴォ (vo) with バ (ba), ビ (bi), ブ (bu), ベ (be) and ボ (bo), one by one, from their official documents. 

Thus, as of today (March 31, 2019), there were only two countries left with ヴ. They were “Saint Christopher and Nevis” and “Carbo Verde” spelled in Katakana セントクリストファー・ネーヴィス and カーボヴェルデ respectively (See Photos 1 and 2).  

Photo 2 The Ministry of Foreign Affairs will stop using ヴィfor “Nevis” from April 1, 2019 /

2019年4月1日、外務省は「ネーヴィス」の「ヴィ」を「ビ」に改訂します

From tomorrow, MoFA will spell them セントクリストファー・ネービス and カーボベルデ. Do you see the differences? ヴィ (vi) will change to ビ (bi) and ヴェ (ve) to べ (be). We will follow up and add their screen shots to our site if we find the revised web pages.

6. How the Japanese pronounce the katakana “ヴ”

Apart from the MoFA’s policy, today, we see a few more loan words with ヴ (vu) in everyday life. They are used in an effort to reflect the original sound faithfully and/or for the visual effect. 

You often see words written with ヴ in journalism, academia, fashion, sport reporting, among others. It’s maybe because ヴ may make the word sound more authentic and intelligent (while sometimes pedantic), exotic, expensive, elegant, delicious, fashionable, appealing to young people, etc.

  • ヴィンテージショップ (vinteeji shoppu or vintage shop)
  • オーボンヴュータン (Oobonvyuutan or Au Bon Vieux Temps, a famous French style pastry shop in Tokyo)
  • ヴェネツィア (Venezia or Venice)
  • ヴィヴァルディ (Vivarudi or Vivaldi)

Interestingly, in reading these words, a lot of us unconsciously change the “v” to “b” sound. In other words, we are actually saying “Oobonbyuutan” “binteeji shoppu” or “Bibarudii”. After all, it seems that the “v” sound is not really rooted in Japanese and the katakana ヴ is there often just for the look of it.

Neither its cousin, the hard “f” sound, is rooted, which makes you actually bite your lower lip. But that will be the topic of another day.

External Links

[The end of the English post]

An image to show that there was a disappearing katakana.
Photo 3 Yes, as of April 1, 2019, it was changed! They haven’t done it on St Christopher Nevis yet. / 4月1日確かに変わっていました。もう一つの方はまだです。

「ヴ」のなくなる日

目次
  1. “ヴ”とは?
  2. “v” の表し方 (1)
  3. “v” の表し方 (2)
  4. “v” の表し方 (3)
  5. 外務省と “v” と “b”
  6. 日本人はどのように「ヴ」を発音するか

*********************************************

明日、2019年4月1日より、かたかな「ヴ」が外務省の文書の外国名から消えてなくなります。かたかなの「ウ」は見たことがあると思いますが、「ヴ」って、見たことありますか?

1. “ヴ”とは?

「ヴ」は19世紀後半に西洋の言葉の v の音を表すために「発明された」文字です。当時、日本人は西洋文化を「発見した」ところでした。それは、江戸幕府に制限されたオランダとの関係では入ってこなかった、膨大な量の情報でした。

日本人は政治哲学から自然科学、文学、美術などさまざまな西洋の文化を学ぶ過程で、西洋では人名、地名、物の名前に v がたくさん使われているのに気づきました。Vの音は19世紀の日本語にはなかったので、ある人が思いついて「ウ」の右肩に点というか短い線を二つ付けて、「新しい」文字としてv を表すことにしました。

2. “v” の表し方 (1)

「ヴ」の使われている言葉には、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語から来たものが多いようです。例を挙げます。

  • ヴァイオリン
  • ヴォルテール
  • ルイ・ヴィトン
  • ヴィヴァルディ
  • シュヴァルツヴァルト

3. “v” の表し方 (2)

しかし、外国の言葉が日本語に入ってきたとき、当時の人にとっては全く聞いたこともないようなものだったでしょう。それに加えて v のような未知の音のことまで考えるのはとても大変だったと思います。

ですから、va、vi、v、ve、vo を含む多くの言葉が一番近い音としてバ、ビ、ブ、べ、ボに置き換えられて日本語に定着したのは自然の成り行きだったように思われます。次の例を見てください。もとの言葉の v が b になっています (その結果、書き方が二つある言葉も出てきましたが、それはともかく)。

  • バイオリン
  • バレンタインデー
  • ビニール
  • エレベーター
  • アボカド
  • ボランティア
  • ボルテール

4. “v” の表し方 (3)

ところで、 ドイツ語の言葉は、伝統的に v をウイーンのように「ウ」と書いたり、va をワイマール、ワクチンのように「ワ」と書いたりすることがあります。 

また、ロシア語やそれに関連した言語は少し違います。V はウラジオストックのように「ウ」と書いたり、一定の条件下ではキエフのように「フ」と書いたりしました。また、va は伝統的にモスクワのように「ワ」ですが、vo はボルガのように「ボ」だったりウラジオストックのように「オ」だったりします。

これらの新しい言葉が日本語に入ってきた時、その言語をよく知る人々は、原音に近いかな表記を行おうといろいろ努力してくれました。しかし、その際のルールを統一して確立し得た人はおりませんでした。

5. 外務省と “v” と “b”

20世紀、日本の外務省もできるだけ原音に近い音、または英語に近い音で外国の地名や人名を表記しようとしました。「ヴィエトナム」のように、「ヴ」も 数多く使用しました。

しかし、「ヴィエトナム」を含め、「ヴ」のついた国名はどれも日本人の日常生活には定着しませんでした。第一に、表記が普通ではない。また、発音が難しく、話す速度が遅くなります。それで、私たちにとってはいつも「ベトナム」だったのでした。

外務省が一般的な日本語の辞書や参考文献を調べてみると、やはり多くの国名・地名で、「ヴ」はあまり使用されず、バ行のかたかなが使われていることがわかりました。バ行の良さは、人々が発音しやすく、紙面を取らないことではあります。(「バンクーバー」と「ヴァンクーヴァー」を比べてみてください。)

こうして、正式文書のヴァ、ヴィ、ヴ、ヴェ、ヴォはひとつひとつバ、ビ、ブ、 ベ、ボへと変わってきました。その結果、今日現在 (2019年3月31日)、ヴの残る国名は二つだけとなっているのです。セントクリストファー・ネーヴィスとカーボヴェルデです (写真 1 と 2 をご参照ください)。

明日からは、これらの国名は「セントクリストファー・ネービス」 と「カーボベルデ」と書かれることになります。なっているかな。改訂されていたら、その写真もここに載せます。

6. 日本人はどのように「ヴ」を発音するか

外務省の方針とは別に、今日では「ヴ」のついた外来語を以前よりは多く見かけます。原音に忠実にあろうという意図とともに、視覚的効果などのためでしょう。

「ヴ」で書かれる言葉は、マスコミ、研究の場、ファッション、スポーツ報道などでよく使われます。「ヴ」が入っていると、その言葉はもっと本物らしく知的に聞こえたり (衒学的に聞こえてしまうこともありますが)、異国趣味で素敵だったり、高級そう、エレガント、またはおいしそうに聞こえたり、若い人に受けがよかったりする、こともあるからです。例を挙げます。

  • ヴィンテージショップ
  • オーボンヴュータン (東京の有名なパティスリー)
  • ヴェネツィア

おもしろいことに、多くの人は、これらの言葉を読むとき、無意識にv をb に言い換えます。つまり、実際は「ベネチア」「ビンテージショップ」「オーボンビュータン」と言っているのです。

結局、v の音は日本語にあまり根付いておらず、「ヴ」はただおしゃれな見た目のためにあることも多いようです。

根付いていない点では、v の親戚みたいな、下唇を噛まないといけない強い “f” についても同じですが、それは他日お話ししたいと思います。

Photo 4 On April 2, “Nevis” was changed, too.
4月2日には「ネービス」もアップされていました。

2019 Posts / 2019年投稿記事へ戻る

=>Return to Home/「ホーム」へ戻る

外部リンク

  • 英文部最後尾をご覧ください。

[和文部終わり]

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

2 × 1 =