ルビ付き和文は英文の下にあります / The Japanese text with furigana is at the bottom of this page.

President’s Green Bean Pasta

Contents
  1. The Recipe
  2. The Namesake

**********************

1. President’s Green Bean Pasta recipe

Courtesy of Ms. Asada Kyoko

Servings: 3-4      Cooking time: 1 hour

Ingredients:

An image of President’s Green Bean Pasta
[Click to enlarge / 画像をクリックすると拡大します]
  • Green beans 300 grams
  • Egg yolk of 1 egg
  • Lemon 1, grate the skin and juice
  • Thyme and oregano, to taste
  • Salt, to taste
  • Spaghetti (thick ones are recommended) 300 grams
  • Garlic, 1 clove
  • Olive oil, 100 ml
  • Parmigiano, grated, 100 ml

Directions:

steamed green beens / 蒸したインゲン
  1. Steam green beans until they become so tender that you can squash one between your fingers.  
  2. In a food processor or blender, puree green beans, egg yolk, parmigiana, lemon juice, grated lemon skin, garlic juice, oregano, thyme, olive oil, and salt. Adjust the consistency with the water used in steaming beans.
  3. Cook spaghetti, mix with 2.

2.The Namesake

Ms. Kyoko Asada, who introduced this recipe, is an owner of a fancy olive oil store in Tokyo. She is the author of two beautiful books on Italian food and Italian-inspired recipes.

This pasta is a memorable dish for her since this was the first dish made by her boyfriend for her. Now her husband, the Italian journalist had been given this recipe by a chef who once was a private chef to the late Mr. Sandro Pertini, a former President of Italy. 

Mr. Pertini was on a diet, but still loved a huge plate of pasta. To accommodate both his needs and wants, the chef created this pasta just for him!

This sauce is so delicious, so unusual, and so easy to make that we understand she put this recipe in both of her books. We appreciate Ms. Asada’s kindness to give us the permission to present it here.

Please try it out! If you don’t like green beans, still try, thinking “Yuko must be kidding!”

The only thing you need is a small electric food processor or blender. I once tried it with a mortar and a pestle but I couldn’t reach the creamy and fluffy texture.

If you make a lot, it freezes well, too. Just, when you thaw, don’t overheat.

[End of the English text]

大統だいとうりょうのインゲンパスタ

もく 
  1. 大統だいとうりょうのインゲンパスタつくかた
  2. まえらい

**********************

1. 大統だいとうりょうのインゲンパスタつくかた

あさ今日きょうさまのごていきょうによる)

 さんにんぶん     所要しょようかん:1かん

ざいりょう

An image of green bean pasta
It is easy with a food processor. / フードプロセッサーを使うと簡単
  • インゲン 300グラム
  • 卵黄らんおう   いっ
  • レモン  いっ
  • タイム、オレガノ 少々しょうしょう
  • しお 少々しょうしょう
  • スパゲッティ 300グラム
  • にんにく ひとかけ
  • オリーブオイル 100 mlミリリットル
  • すりおろしたパルミジャーノ 100 mlミリリットル
We tried to mash by hand. It still tastes good but it didn’t become as smooth as with a food processor. / 手でもつぶしてみました。味はいいけれど、フードプロセッサーを使った場合ほどなめらかにはなりませんでした

じゅん

  1. インゲンをやわらかくなるまです(ゆび簡単かんたんにつぶれるくらい)
  2. ミキサーにインゲン、卵黄らんおう、パルミジャーノ、レモンじるとすりおろしたかわ、ニンニクのしる、オレガノ、タイム、オリーブオイル、しおれ、ピューレじょうになるまでぜる。(かためのあいはインゲンのじる調ちょうせつ
  3. スパゲッティをで、2とえてがり

2. まえらい

このレシピをご著書ちょしょしょうかいされているあさ今日きょうさんは、とうきょうこうきゅうオリーブオイルてんのオーナーです。イタリアのものやイタリアりょうしょくはつされたレシピについてさつらしいほんかれています。

このレシピは、イタリアじんジャーナリストであるあささんのごくんがあるシェフからおそわったもので、おいしていたときはじめてつくってくださった、おもぶかいおりょうだそうです。

そのシェフはぜんイタリアの元大統もとだいとうりょうサンドロ・ぺルティーニ氏のおかかえシェフでしたが、ぺルティーニはダイエットちゅうなのにボリューム満点まんてんのパスタがだいきでした。シェフは、このみと必要ひつをともにたそうと、このレシピを考案こうあんしたのだそうです。

このパスタソースはとてもしくて、めずらしくて、しかも簡単かんたんなので、あささんがこのレシピをご著書ちょしょりょうほうせたのもむべなるかなとおもいます。あささんが、ここでごしょうかいすることをおゆるくださったことを感謝かんしゃします。

ぜひやってみてください。インゲンがきでなくても、やってみましょう。「だまされたとおもって」!

必要ひつようなものはたったひとつ、ちいさな電動でんどうのフードプロセッサーかミキサーです。すりばちとすりこでやってみましたが、かるいクリームじょうにすることはできませんでした。

たくさんつくったら、冷凍れいとうもできます。ただ、解凍かいとうするときねつしすぎないように。

[ぶんわり]

Print Friendly, PDF & Email

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

8 − two =