The Various Meanings of “Yoku (often, etc.)” / 「よく」のいろいろな意味

ふりがなつきぶんはこのページのしたほうにあります。/ The Japanese translation with furigana is at the bottom of this page.

An image of a feeder with birds which visit them often
[Click to enlarge] Recently, downy woodpeckers, chickadees and other wild birds often visit our feeder.

You first learn “yoku” as a word for“often”. 

However, you may notice later that it has several other definitions in English.

In this post, we will organize the meanings of “yoku”.

Table of Contents 
  1. “Yoku” has different meanings according to the verb it comes with
    1. “Often” when you use it with verbs expressing transportation or Verbs Expressing Lasting Actions (Please refer to “Two Aspects of Verbs” for details about Verbs Expressing Lasting Actions)
    2. “Hard” when you used it with specific verbs such as “study”
    3. “Clearly” when you use it with verbs to show some states such as “know”
    4. It also means “a lot” when you use it with verbs expressing lasting activities
  2. When does “yoku” mean “often” and when “a lot”?
  3. An idiom “yoku dekimashita!”
  4. Summary
  5. Reference (at the bottom of this page)

*********************************

1. “Yoku” has different meanings according to the verb it comes with

A. It means “often” when you use it with verbs expressing transportation or Verbs Expressing Lasting Activities (Please refer to “Two Aspects of Verbs” for details about Verbs Expressing Lasting Activities)

“Yoku” frequently means “often” with one of Verbs of Transportation or Verbs of Expressing Lasting Actions. See Examples:

Ex. 1) Kono-goro kotori ga yoku esa-bako ni kimasu. (Recently, little wild birds often visit our feeder.)

Ex. 2) Kodomo no koro, oya no shigoto no tameni, yoku hikkoshi-shimashita. (When I was a child, we often moved because of our parents’ job.)

Ex. 3) Yoku koko de pan o kaimasu. (I often buy bread here.)

Ex. 4) Yoku tomodachi to geemu o shimasu. (I often play games with my friends.)

B. “Hard” when you used it with specific verbs such as “study”

With verbs meaning “study”, “work”, “practice” or “make efforts” for a purpose, “yoku” means “hard” or “seriously” and “spending a lot of time and energy”.

Ex. 5) Miraa-san wa yoku benkyoo shimasu ne. (Mr. Miller studies hard, doesn’t he? / Mr. Miller, you are a good student, aren’t you?)

Ex. 6) Yoku renshuu-shimashita kara honban de agarimasen-deshita.  (I practiced so hard that at the actual presentation I didn’t become nervous.)

Ex. 7) Yoku ganbatta ne! (You worked hard and as a result did an excellent job!)

C. “Clearly” when you use it with verbs to express cognition such as “know”

An image of a building in NYC which we often saw
We remember Chrysler Building in New York clearly. / ニューヨークのクライスラービル、よく覚(おぼ)えています

With verbs expressing cognition or a state in intellectual activities such as “know”, “understand”, and “keep in my memory”, etc., it means “well” or “clearly”.

Ex. 8) Nyuu Yooku no Kuraisuraa biru desu ka? Yoku oboete imasu yo! (You mean Chrysler Building in New York? I remember it well!)

Ex. 9) Watashi wa Supein-go ga yoku wakarimasu. (I understand Spanish well.)

Ex. 10) Watashi ga nomisugirutte kanai ga itte imashita ka? Yoku wakatte imasu. Demo, yamerarenai-n-desu. (Did my wife tell you I drink too much?  I know well. But I just can’t stop.)

D. It also means “a lot” when you use it with Verbs Expressing Lasting Activities

“Yoku” can also mean “do something to a great degree” or “do something a lot or more thoroughly (than otherwise)” when it comes with a Verb Expressing Lasting Action. See the following examples:

Ex. 11) Koara wa yoku nemasu. (Koalas sleep a lot)

Ex. 12) Yoku kande tabenasai. (“Chew well!” To children when they eat too quickly.)

Ex. 13) Yoku kangaete, henji o kudasai. (Take time and think carefully before you reply to me.)

Ex. 14) [A sign above a basin] Yoku te o araimashoo. (Wash your hands thoroughly.)

Ex. 15) Buta-niku ni yoku hi o tooshimasu. (Cook pork thoroughly.)

Ex. 16) [At a test site, you are given a book of questions. On the first page, it reads:] Mondai-bun o yoku yonde kudasai. (Read the question sentences carefully.)

Ex. 17) Kyoo wa kodomo ga yoku yuu koto o kiite kuremasu. (Today, fortunately, my kid listens to me and follows my instruction without whining or arguing.)

2. How can we tell when “yoku” means “often” and when “a lot”? 

As seen in Paragraphs 1-1 and 1-4, “yoku” means “often” or “to a great degree, a lot” with Verbs Expressing Lasting Actions. How do we know which meaning does “yoku” have in a particular sentence? 

First, guess from the context. 

If it’s not clear, it should be an idiom or a set phrase.  

Let’s look at Examples 11-17 again:

Ex. 11: Since sleeping is a very common activity, “often” doesn’t sound right here. Therefore, we can tell it means sleeping for a long time.

Ex. 12: “Yoku kamimasu” is an idiom meaning “chew well” or “chew many times”.

Ex. 13: “Yoku kangaemasu” means “think carefully” or “be mindful in taking an action”.

Ex. 14:  With the verb form “-mashoo”, you can tell it’s a polite warning or prompting for people or children who have come to the basin. So you can guess it signifies an action which happens on the spot; wash hands thoroughly.

Ex. 15:  “Yoku hi o tooshimasu” means “cook so that there is no part left undercooked”.

Ex. 16: An examinee would interpret it as “Read carefully, paying attention to details”.

Ex. 17: “Yuu koto o kikimasu” is and idiom and means “be docile and follow an instruction or obey an order of someone who is supposed to have an authority on them”. In connection to this, “yoku” means “obediently” here.

3. An idiom: “yoku dekimasu” 

Lastly, we would like to mention a popular idiom “yoku dekimasu”. It means “to excel” in a subject of study, a special skill such as the computer or a foreign language. See examples:

Ex. 18 Miraa-san wa Kankoku-go mo yoku dekimasu. (Mr. Miller speaks Korean very well, too.)

Ex. 19 Taihen yoku dekimashita! (“Your work was brilliant!” said by a teacher to a student)

Below is the stamp I use on people’s homework.

An image of two stamps that we often use on very well-done (yoku dekimashita) students’ homework
The left, red stamp says “Taihen yoku dekimashita” (You did a great job) and the right, black one “Sugo-i!!” (Impressive!!)

5. Summary

“Yoku” has different meanings in English depending on the verbs you use it with. 

  1. With verbs of transportation (such as “going”), it means “often”
  2. With Verbs Expressing Lasting Activities (such as “tabemasu”), it means “often” or “to a great degree, a lot” depending on the context 
  3. With several special verbs such as “study”, it means “hard”
  4. With several stative expressions such as “know”, it means “clearly”

Thank you for reading!

[End of the English text]

1. “Yoku”/「よく」の

「よく」ということはじめ、「たびたび」「しばしば」などのならいます。

でも、あとで、えいではほかになることにづくかたもあるでしょう。

この投稿とうこうでは、そんな「よく」のせいしたいとおもいます。

もく 

I. どうによってちがう「よく」の

  1. どう」や「ぞくする活動かつどう」をあらわどうとともに使つかわれるとき「たびたび」(「ぞくする活動かつどうどう」については、ここをクリックして、「どうふたつのそうをごさんしょうください。) 
  2. べんきょうします」などのどうとともに使つかわれるとき「いっしょけんめい」
  3. っています」などのじょうたいあらわどうとともに使つかわれるとき「はっきりと」
  4. ぞくする活動かつどうどう」とともに使われるとき「はなはだしく」の

II. どんなとき「よく」は「たびたび」のになり、どんなとき「はなはだしく」になるか?

III.   じゅく「よくできました!」

IV.まとめ

**************************

1. どうによってちがう「よく」の

A.「どう」や「ぞくする活動かつどう」をあらわどうとともに使つかわれるとき「たびたび」

「よく」は、「どうあらわどう」「ぞくするかつどうあらわどう」とともに使つかわれるとき「たびたび」というになることがおおい。

れい1) このごろとりがよく餌箱えさばこます。

れい2) どものころおやごとのために、よくししました。

れい3) よくここでパンをいます。

れい4) よく友達ともだちとゲームをします。

B.「べんきょうします」などのどうとともに使つかわれるとき「一所懸命いっしょけんめい

なにかの目的もくてきのために「はたらく」、「べんきょうする」、「れんしゅうする」、「りょくする」などの特別とくべつどう一緒いっしょ使つかわれるとき、「よく」は「一所懸命いっしょけんめい真剣しんけんに、おおくのかんとエネルギーをついややして)」というになります。

れい5) ミラーさんはよくべんきょうしますね。

れい6) よくれんしゅうしましたから本番ほんばんであがりませんでした。

れい7) よくがんばったね!

C.「っています」など認識にんしきあらわどうとともに使つかわれるとき「はっきりと」

っています」「わかっています」「おぼえています」「おもせません」など、認識にんしきまたはてき精神活動せいしんかつどうじょうたいあらわどうとともに使つかとき、「よく」は、「はっきりと」「ふかく」などのになります。

れい8) ニューヨークのクライスラービルですか?よくおぼえていますよ!

れい9) わたしはスペインがよくわかります。

れい10) わたしみすぎるってないっていましたか? よくわかっています。でも、やめられないんです。

D.「ぞくする活動かつどうどう」とともに使つかわれるとき「はなはだしく」の

ぞくする活動かつどうどう」と一緒いっしょ使つかわれるとき「よく」は、「りょうたいりょうに」「はなはだしく(おおきないで[あらがみ)」のになることがあります。

れい11) コアラはよくます。

れい12) よくんでべなさい。(どもかたはやすぎるとき)

れい13) よくかんがえて、へんをください。

れい14) [あらがみ] よくあらいましょう。

れい15) 豚肉ぶたにくによくとおします。

れい16) [験会けんかいじょうくばられた問題冊もんだいさっ最初さいしょのページに] 問題文もんだいぶんをよくんでください。

れい17) 今日きょうどもがよくうことをいてくれます。

2. どんなとき「よく」は「たびたび」のになり、どんなとき「はなはだしく」になるか

I-1せつとI-4せつで、「よく」が「ぞくする活動かつどうどう」と一緒いっしょ使つかわれると「たびたび」または「はなはだしく」のどちらかのになるとべました。どちらのか、どうすればわかるのでしょうか。

まず、ぶんみゃく判断はんだんします。

わかりにくいときは、じゅくまったかたになっているわけです。

例11~17をもういちてみましょう。

れい11) ねむることはにちじょうてき活動かつどうなので、「たびたび」ではがよくわかりません。そこで、「ながかんねむるというだろうとかんがえます。

れい12) 「よくみます」は、「何回なんかいもしっかりむ」というじゅくです。

れい13)「よくかんがえます」は、「ちゅうぶかかんがえる」「しきしながらあるどうをする」というじゅくです。

れい14) どうかたちが「ましょう」なので、これは洗面所せんめんじょ人々ひとびとどもたちへ、このおこなう「ていねいにあらう」ことにちゅううながしているとかんがえます。

れい15) 「よくとおします」は「なまぶんのこらないようにじゅうぶんねつする」というです。

れい16) 受験者じゅけんしゃがこれをめば、「こまかいところまでちゅうしてみなさい」とかいします。

れい17) 「こときます」はじゅくで、「けんがあるとされるひと命令めいれいだまってしたがう」ということです。ここでは、「よく」は「おとなしく」というになります。

3. じゅく「よくできました!」

さいに、「よくできます」というじゅくがあります。がくしゅうもく、コンピューターなどの特別とくべつのう外国がいこくなどにおいてゆうしゅうであるというです。

れい18) ミラーさんは韓国かんこくもよくできます。

れい19) たいへんよくできました!

わたしたちは時々ときどきしたのようなスタンプを宿しゅくだいしています。

4.まとめ

「よく」は、ともに使つかどうによって、えいではちがったことかいされます。

  1. どうあらわどう (「きます」など)と一緒いっしょ使つかうと:「しばしば」
  2. ぞくする活動かつどうあらわどう (「べます」など):ぶんみゃくによって「しばしば」または「はなはだしく」
  3. べんきょうします」などの特定とくていどう:「おおくのかんとエネルギーをついやして、真剣しんけんに」
  4. っています」など特定とくていじょうたいあらわひょうげん:「はっきりと」

みいただき、ありがとうございました。

Reference / 参考さんこうサイト

=>Return to 2019 Posts / 2019年投稿記事へ戻る

=>Return to Home/「ホーム」へ戻る

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

two × one =