和訳は英語の下にございます。/The Japanese translation is below the English text.

HOW TO SAY “AND” AFTER VERB

Contents

1. In short: Use “te form” to say “and” after a verb
2. How to complete a sentence with verbs connected with “te form”
3. A little more: How to say “and” after a verb in the negative

1. In short: Use “te form” to say “and after a verb

Can you say the following in Japanese?

Example 1. I got up at six. I had breakfast.

We would say:

Ex. 2. Watashi wa ro-ku-ji ni okimashita. Watashi wa gohan o tabemashita.

…But we notice “watashi wa” is repeated, so we may want to combine the two sentences into one. In English, to do this, we can simply say “and” after the first sentence, and connect to the second. See Ex. 3:

Ex 3. I got up at six and (I) had breakfast.

On the other hand, to say “and” after a verb in Japanese, you need to change the first verb into “te form”:

Ex. 4. Ro-ku-ji ni okite gohan o tabemashita.

Changing the verb into “te form” in this case means you equip the verb with something like a “hook” so that you can hang another sentence on it. You can thus combine many simple sentences as follows:

Ex. 5. Roku-ji ni okite, shawaa o abite, sampo-shite, gohan o tabemashita. (I got up at six, took a shower, had a walk and ate breakfast.)

So, what exactly do these verbs in “te-form” mean?

They are saying “and” after the verb. In Ex. 5, therefore, “okite” means “wake up and…”, “abite” means “take [a shower] and…”, “sampo-shite” means “take a walk and…”.

2. How to complete a sentence with verbs connected with “te form”

However, knowing the “te form” is not enough to understand a sentence.

A verb in “te form” doesn’t have tense (whether it is in the past or present, etc.) or mood (whether it is affirmative, negative, and expressing desire, permission, invitation, etc.). So, we express tense and mood with the last verb of the sentence as the representative of all the prior verbs.

Therefore, in Ex. 5, while we are just hearing or reading “okite”, “abite”, and “sampo-shite”, we don’t know whether it is about the present, future or some other time.

Only after hearing “tabemashita” (I ate), the last verb, can you adjust your understanding on the whole sentence according to the revealed tense and mood. And now your comprehension becomes complete.

So, “okite” actually means “woke up and…”, “abite” means “took [a shower] and…”, and “sampo-shite” means “took [a walk] and…“

The following sentence is another example of how you need to pay attention to the last part of the sentence:

Ex. 6. Ro-ku-ji ni okite, shawaa o abite, sampo-shite, gohan o tabenaito ikemasen! (I must get up at six, take a quick shower, talk a walk, and have breakfast!)

The mood and tense of “tabenaito ikemasen” (I have to eat) is obligation in the present or future. Accordingly, “okite” actually means “I must get up and…” “abite” means “I must take [a shower] and…” “sampo-shite” means “I must take [a walk] and…”

3. A little more: How to say “and” after a verb in the negative

Do you like to take a walk? I have come to love it since I moved to South Carolina.

An image of a scene to say "and" after a verb
These days we even walk before sunrise. / このごろは夜明け前にも歩きます。

So, I frequently take a walk before breakfast. But today I didn’t since I overslept. I would put it like this:

Ex. 7. Shichi-ji ni okite, shawaa o abite, sampo-shinaide, gohan o tabemashita. (I woke up at seven, I took a shower, I didn’t take a walk, and I had breakfast.)

Pay attention to “sanpo-shinaide”. This is the way we say “and” after a verb in the negative.

How do you make this “negative te form”?

First, make the “nai form” (also called plain negative form) of a verb. If you have “shimasu” (do), its “nai form” is “shinai” (not do).

Second, add “de” to the “nai form”. You now have “shinaide” (not do and…). This is the form you need.

This “…naide”-ending verb is the verb in the negative equipped with a “hook” to hang another sentence on it.

Whether the verbs are connected with “the …naide-form” or the “te form”, the last verb decides the mood and tense of all the verbs in a sentence.

Here is another example with the same material:

Ex. 8. Shichi-ji ni okite, shawaa o abite, sampo-shinaide, gohan-o tabemashoo! (Let’s get up at seven, take a shower, and without taking a walk, eat breakfast!)

Since “tabemashoo” expresses invitation, “okite” here means “let’s get up, and…”, “abite” means “let’s take [a shower], and…”, “sanpo-shinaide” means “let’s not take a walk, and…”.

  • Familiarize yourself with “te form” by listening to the Rainbow Song! => The Rainbow Song

[End of the English post]

Other posts on “How Do You Say ‘And’ In Japanese?”
=> Summary: How Do You Say “And” In Japanese?
=> How To Say “And” After Noun 
=> How To Say “And” After Na-Adjective 
=> How To Say “And” After I-Adjective  
=> How Do You Say “And” As A Conjunction?

動詞の後でAND…をどう言うか

もくじ

1.まとめ:動詞の後でandを言うには「て形」を使う
2.「て形」でつなげた動詞で文を完成させるには
3.もう少し上級:動詞の否定形の後andをどう言うか

1.まとめ:動詞の後で andと言うには「て形」を使う

下の文を、日本語で言えますか?

例1 I got up at six. I had breakfast.

私なら、こう言います。

例2 私は六時に起きました。私はご飯を食べました。」

でも、「私は」が繰り返されているので、二文を一つにしたいかな。どうすればいいでしょうか?

英語だったら、例3のように最初の文の後にandと言うだけで二つの文をまとめられますが……。

例3 I woke up at six and (I) had breakfast.

日本語では、動詞の後にandと言って次の文を続けるには、最初の動詞を「て形」に変えます。例4を見てください。

例4 六時に起きてご飯を食べました。

このように「て形」に変えると、動詞にカギ(フック)のようなものが装着され、そこに次の文を引っかけられるようになります。同様に、下の例のように多くの単文を一文につなげることもできます。

例5 六時に起きて、シャワーを浴びて、散歩して、ご飯を食べました。

では、具体的にはこの「て形」はどういう意味でしょう。

これは、動詞の後でandと言うこと、なのです。したがって、例5では、「起きて」は「起きます。そして……」の意味。「浴びて」は「浴びます。そして……」、「散歩して」は「散歩します。そして……」の意味です。

2.つなげた動詞で文を完成させるには

しかし、「て形」が分かっただけでは文を完全に理解できません。

「て形」には時制(過去や現在など)やムード(肯定文であるか否定文であるかや、欲求、許可、誘いかけなどの表現)がありません。そのため、文の最後の動詞が、代表として時制とムードを示します。その時制とムードは前に出てきた文中の動詞すべてにかかります。

従って、例えば例5では、「起きて」「浴びて」「散歩して」などを聞いたり読んだりした時点では、現在の話か過去の話かわかりません。

最後の動詞「食べました」を聞いて初めて、新たに分かった時制やムードに従って、文全体の理解を調整することができるのです。

ですから、「起きて」は実際には「起きました。そして……」、「浴びて」は「浴びました。そして……」、「散歩して」は「散歩しました。そして……」の意味になります。

文末に注意を払うことが大切であるという、もう一つの例を挙げます。

例6 六時に起きて、シャワーを浴びて、散歩して、ご飯を食べないといけません!

最後の「食べないといけません」の時制とムードは、現在または未来の義務、です。ですから、「起きて」は「起きなければなりません。そして……」ということであり、「浴びて」は「浴びなければなりません。そして……」、「散歩して」は「散歩しなければなりません。そして……」です。

3.もう少し上級:動詞の否定形の後andをどう言うか

散歩は好きですか? 私は、南カロライナに住んでから好きになりました。

それで、よく、朝食の前に散歩しています。でも、今日は寝過ごして、散歩しませんでした。これは、以下のように言えます。

例7 七時に起きて、シャワーを浴びて、散歩しないで、ご飯を食べました。

この「散歩しないで」をよく見てください、これが否定形の動詞の後に文をつなぐやり方です。

この否定の「て形」はどうやって作るのでしょうか。

まず、動詞の「ない形」(Plain Negative形ともいう)を作ります。「します」を例にとれば、その「ない形」は「しない」です。

次に、「ない形」の後に「で」を付けます。「しない」から、「しないで」ができました。これがその形です。

動詞の終わりがこうして「ないで」になっている時は、動詞の否定形にカギ(フック)が付き、次の文を引っかけられるようになっています。

An image for a practice to say "and" after verb in the negative
Sometimes we walk during the day. / 時々日中に散歩します。

動詞がこの「否定のて形」でつながれていても「て形」でつながれていても、最後の動詞が文中のすべての動詞のムードと時制を決定します。

同じ題材で、もう一つ例を挙げます。

例8 七時に起きて、シャワーを浴びて、散歩しないで、ご飯を食べましょう!

「食べましょう!」は勧誘です。すなわち、この「起きて」は「起きましょう。そして……」、「浴びて」は「浴びましょう。そして……」という意味です。「散歩しないこと」のように、なにか「しないこと」の誘いかけに「……ましょう」は使えません。「散歩しないことにしましょう!」などになると思います。

  • 次の項目へ行く前に「て形」をたくさん使った歌を聴いて、「て形」に親しんで下さい!=> 虹の歌と「て形」

[和文部終わり]

「日本語でAND…は何という?」の関連記事
=> まとめ記事:日本語でAND…は何という?
=> 名詞の後でAND…をどう言うか
=> ナ形容詞の後でAND…をどう言うか 
=> イ形容詞の後でAND…をどう言うか 
=> 接続詞としてのANDは何と言う? 

Print Friendly, PDF & Email

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

fifteen − 1 =