An image of a Kenzo scarf
[Click to enlarge / 画像をクリックすると拡大します
]

A KENZO scarf

Contents
  1. A backdoor screen
  2. An old purchase
  3. A report of death
  • Japanese translation with Ruby

A backdoor screen

It was in summer. 

I wanted a screen on the back door with a big pane of glass, so I pasted an old silk scarf on the door with packing tape.

It was just a temporary relief, until I would buy a blind or a curtain, but it stuck quite securely.

The material was very thin and so let the light in, and I could see outside from within. At the same time, I couldn’t see inside from outside.

The colors were pretty, and I loved it.

An old purchase

I bought this scarf long time ago, on West 85th St and Amsterdam Ave in Manhattan at “Filene’s Basement”, a discount department store chain. 

There used to be a lot of similar stores in NYC (probably in all over the US) but they went out of business quickly in the early two thousands. Filene no longer exists there, either. 

Anyway, it was a love at first sight for me. This scarf was light blue and was printed with gorgeous flowers in red, orange and purple. It was 100% silk, the price great, and I grabbed it.

However, later I sadly found the colors too vivid and bright to match my dull complexion. It is very big, too, so I thought of making it into something different but I was poor at sewing.

I had a pretty thing which I didn’t know how to use! It really annoyed me. 

Now it’s finally found a place to make everyone happy.

A report of death

Recently Mr. Kenzo Takada, a fashion designer from Japan, passed away in Paris due to the new coronavirus. Mr. Takada started KENZO brand in 1970. When I was young, he was really a big star in fashion…

It reminded me that my new door screen was a KENZO brand! 

I cut off the label from the scarf so there is no proof any more, but I like the design all the more without the display of the brand name. 

I have cherished it everyday, so I particularly feel sorry about the loss. 

Thank you very much, Mr. KENZO, for leaving us beautiful things.

[End of the English post]

KENZOのスカーフ

もくじ
  1. 裏口うらぐちかく
  2. むかしもの
  3. ほう

裏口うらぐちかく

なつのことです。

ガラスりの裏口うらぐちドアにかくしがしくて、ふるいシルクのスカーフを梱包こんぽうテープでけました。

ブラインドかカーテンをうまでのいちしのぎにとおもったけれど、がいにしっかりくっつきました。

がとてもうすいのでそとひかりはいります。また、なかからはそとえるけれど、そとからはなかえない。

いろもきれいで、とてもっています。

むかしもの

このスカーフは、むかしニューヨーク・アムステルダムがい85はちじゅうごちょうにあった「ファイリーンのしつ」というやす専門せんもんちいさなデパートチェーンでったものです。

ひとむかしまえはニューヨークには(たぶん全米ぜんべいに)そういうみせがたくさんあったのですが、どんどんなくなっていきました。「ファイリーン」もいまはそこにありません。

さて、このスカーフは、水色みずいろに、あかやオレンジ、むらさきはなやかないろはながたくさんプリントしてあって、わたしひとれでした。きぬ100ひゃく%パーセントでおだんもよかったので、びついていました。

ところがあとててみると、いろがあざやかすぎて、くすんだ肌色はだいろぶんにはわない。とてもおおきいのでなにかにつくえられるかとおもいましたが、裁縫さいほうにが

きれいなのに、使つかえなくてこまっていました。

やっとみんなによろこばれるしょつかったわけです。

ほう

先日せんじつ1970せんきゅうひゃくななじゅうねんKENZOケンゾーブランドをげた本人ほんじんデザイナー、たか賢三けんぞうさんがパリで、新型しんがたコロナウイルスによりきょしました。わたしわかころは、たかさんはファッションかいのスターでした。

わたしあたらしい裏口うらぐちかくしがじつはケンゾーだったとおもしました。

ラベルは切ってしまったので証拠は残ってないけれど、でも、ブランド名がわからないデザインとしてかえって気に入っています。

毎日まいにちてはたのしんでいたので、くなられて一層残念いっそうざんねんおもいます。

KENZOさん、うつくしいものをのこしてくださり、ありがとうございました。

[和文終わり]

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

14 + 4 =